人生詰んでるけど生きてます

東大卒で統合失調症という残念な著者が、種々雑多な物事を取り上げ、独自の観点から話題にするブログです。

FP技能士2級とかバスケとか

今日は無難な記事です(笑)

さて本日は特に大きなテーマを定めず、二つの小テーマについて、順繰りに感じた事や考えた事を述べていきます。

なお、今日はごくごくフツーのブログ記事となっていて、特に暗闇とか酷いメンヘラ的要素とかは感じないと思います。
安心して読んでください。逆に言えば、刺激的な内容を求めている方には物足りない記事かも知れません(笑)。

FP技能士2級 (FP2級) 進捗状況

勉強は依然遅々として進んでいません。まぁ次にあるという試験日まではまだまだなので、大丈夫だろうとタカを括っている面はあります。

とはいえあのドギツイ入院生活の最中にでも取れたFP3級とは違い、2級はかなり本格的に勉強しないと厳しいとはよく言われますし、実際そのように僕も思います。

一方で完璧主義者の僕にはテキスト一周目時点から、すでにしっかり覚えていかなければならないと気が済まないと言う、文系(法律系)の勉強をするのには残念すぎる強迫観念があります。

この強迫観念はこと法律系の勉強では捨てた方がいいとよく言われます。東大法学部首席(この学校には昔から首席という概念はなかったと記憶しているので、これは多分この人の自称だと思いますが)の方が、七回勉強法を提唱している事は少し前の話題になりましたね。

東大首席が教える超速「7回読み」勉強法 (PHP文庫)
東大首席が教える超速「7回読み」勉強法 (PHP文庫)

それによると一周目では理解とか暗記しようとかせず、ざっと概観を掴む程度の軽い読みに止めておくべきだ、との事らしいですね(本を紹介している割には内容をまともに読んだ事はないのです 笑)。これは確かに慣れが大切な法律系や文系の勉強では、非常に正しい方法だと思います。

実際僕が今取り組んでいるナツメ社のFP2級・AFPテキストでもそれに近い手法が推奨されています。現実問題として資格が就労などに使えるかどうかはともかく、僕はFP2級までは意地でも取りたいので、ひとまずこれを実践したいと思います。

しかし一方で、深い理解が求められる理系の勉強(電験やエネ管などの工業系資格とか、そもそもの数学や物理、化学などの学問とか)にはあまり通用しにくい勉強法だとも、同時に思ってしまう面はありますね。こちらには本質的な理解が必須なので、浅い読みでは何周やっても理解が進まないと実感しているからです。

参考までにナツメ社のそのテキストと問題集もアマゾンから引用しておきます。この新しい版のテキストはまだレビューが少なく評価も芳しくないですが、多分試験が一通り終わった頃には、実際にやった方々からの高評価のレビューが多く投下される事と思います。

なおアフィリエイト嫌いの方もいらっしゃると思いますが、僕は今ではアフィリエイトは一切していません。これははてな記法におけるリンクです。なので安心してクリックして頂けたら嬉しいと思ってます(謎)。

史上最強のFP2級AFPテキスト18-19年版
史上最強のFP2級AFPテキスト18-19年版

史上最強のFP2級AFP問題集18-19年版
史上最強のFP2級AFP問題集18-19年版

就職活動とかバスケとか

以前オフィスビルの設備管理に応募したいと書いていました。しかし少し前の、現にブログにも現れていたあの異様な情緒不安定であるとか、最近のお昼間に唐突に訪れる異常な眠たさであるとか、前から続く昼夜逆転などを考えると、やはり今ではまだまだ就労できる体調・精神状態にまでは回復できていないと思っています。

という事でリハビリとして障害者バスケをやりたいと一つ前の記事で書きましたが、そう言ったリハビリ面では、どうやら一歩ずつ前に進んでいけている気がしています。あれから無事にサークルの担当者の方から連絡があり、是非参加してくださいとの許可を頂けたからです。

もうすぐ初参加日という事で、年甲斐もなく今から少しワクワクしていたりします。でも、精神を病んでいる人にとって、こう言う楽しみなものがある事って大切ではないでしょうか。

今日の記事としてはこんな感じです。僕のブログにしてはやけに短いし毒も無かったな〜と感じる方もいるかと思いますが、今日は家に篭ってて特に考える事も無かったので、たまにはこれくらいで勘弁してください。ではまた次回よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ
国家試験ブログ