人生詰んでるけど生きてます

東大卒で統合失調症という残念な著者が、種々雑多な物事を取り上げ、独自の観点から話題にするブログです。

何だかんだ言って好きな5ちゃんねる


僕の5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)の経歴

前に5ちゃんねる(以下、5chと表記)においてしばしばある、障害者差別の投稿を批判した。なので僕の事をおそらく相当な5ch嫌いなんだろうと考えている方も多いと思う。

しかし僕は実のところいわゆる「2ch黎明期」の時代から、ここを広く閲覧したり時には書き込んだりしていた5chユーザーである。そういう表現が許されるならば、超ヘビー級の5ちゃんねらーと言っていいと思う(全くもって自慢にならないだろうけど)。

そもそものきっかけはまだ病気と診断されていなかった大学一年生のころ、買ったばかりのPCでネットサーフィンをしていた事にまで遡る。

そしてじきに当時の、まだ大して有名でなかった2chを発見したのであった。もちろん「名無しさん」ばかりが書き込んでいたので、初めは「何でこう同じ人ばかりが短時間に何回も書き込んでいるのかな?」とか思った(笑)。

勿論ここが匿名掲示板である事は今や一般常識と言ってもいいから、今新しく始める方々にはそんな事で驚く人はいないだろう。しかし匿名で書き込めるという事は、当時としては革新的であったと思う。

(その前に「あめぞう」や、「ぁゃιぃわーるど」などの匿名掲示板があったようだが、流石にその頃には僕はまだ高校生や中学生でありネットを使う術を持たなかった。また「インターネット」という言葉でさえ、一種のオタク系の用語として扱われていたと記憶している)

ともかくその頃はまだまだモナーモララーギコ猫が全盛期で、ありとあらゆる板で煽り等に使われていた。僕も「オマエモナー」とか煽られた事がある(笑)。でも不思議と憎めなかった。今となってはただただ懐かしい思い出だ。

電車男2ch閉鎖騒動全板人気トーナメントhattenやオラサイトなどの有名Flashなどなど、それぞれが全て僕の貴重な思い出の一ページを彩っている。

統失の書き込み故に煽られた事も多い

さて僕は破瓜型統合失調症(当時としては精神分裂病)に分類されるはずだ。これは思春期にかかり(僕自身は16歳〜17歳の頃に罹患したと分析している)、陽性的な症状としては、文章が支離滅裂になるワードサラダ』が出るとされている。

(なお、この破瓜型は統失としては相当重い部類に属するとよく言われている。実際に僕自身ももはや、統失でなかった期間より、統失になってからの期間の方が長くなってしまった。
前に『統合失調症は治らない病気です』という記事を書いた背景としても、そんな僕自らの実体験によるところが大きいハズだ)

さて僕が書く文章のワードサラダ状態は、今でこそ薬や治療で少しはマシにはなっていると思いたいのだが、2chを知った当初は非常に酷かった。よって書き込んだあと「何言ってんだこいつ」と言われて傷ついたような経験も少なくない。

またこのブログをお読みの方なら分かっていらっしゃると思うが、僕の文章には比較的極端な意見が多く見られる。しかもかつてはそれに加えてワードサラダもかなりあったから、しょっちゅう煽られた。

ただ、当時は統失の症状としてのワードサラダなどはまだまだあまり有名ではなかったから、お前バカだろと言われた事はあったと思うが、差別的な非難を食う事はなかったと記憶している。

でもそのような事があっても、僕はやはり5chが好きである。次は5chのメリットについて詳細に説明してみようと思う。

僕が大学を卒業できたのは5chのおかげ

匿名で書けるが故に、見る相手にとってまるで面白くない書き込みや相当不快な書き込みは確かに多い。そう言う書き込みしかできない人がかなり多い事は確かであり、人間の醜さが激しく露見する場所である事も事実だろう。

しかしそうだからと言って5chを完全に嫌うのは少し待って欲しい。

そんな一方で知見のある人や有識者も、どの板にも、相当数おられるからだ。特に専門板には多く分布している。そして、名無しでありながらも、ものすごく優しい方や親切な方も多い

もちろんそのような方々も時には厳しい言葉をかけてくる事もあるが、大抵は相手を考えてのことである。このボランティア精神は尊敬に値するに違いない。ヘレン・ケラーマザー・テレサような方々だと考えている(さすがに褒めすぎ 笑)。

ここでは僕の経験を例に挙げよう。前に何回か言ったように、僕は大学二年生まで数学が全くわからず単位を落としまくっていた。しかし実はその頃に当時の2chの数学板で救って頂いたのであった。

数学板は昔から今までかなり高い数学的な議論が展開されてきているように思う。そんな中に、高校の数学3の基礎すら知らない僕が、おそらく住民の方々にとっては簡単すぎて話にならないような問題について、いきなり問いかけた。酷く貶されるのは覚悟の上であった。

しかしそこで、「お前バカじゃねーの、こんな板に来る権利ねーよ」とか言ってくる人はいなかったように思う。それどころか多くの方々が懇切丁寧に教えてくださり、僕がそれでもわからないと言えば、もっと基礎的なところから説明して下さった方さえいた。

そしてその結果単位が取れて、教養学部をクリアできて専門課程に進む事ができ、何とか卒業できた。本当に、当時の2chの数学板の方々には感謝してもしきれない

有益な情報をうまく拾いたい

それ以外にも、ありとあらゆる板で役に立つ情報は大量に煌めいている。ただ、5chの情報が玉石混交である事は明らかであるから、うまく宝玉だけを拾っていく必要がある。しばしば、宝玉と見せかけた石ころも転がっている(偽りの情報などだ)。

そこであまりに有名な初代管理人の方が言ったあの、
嘘は嘘と見抜ける人でないと、掲示板を使うのは難しい』と言う言葉が、いかに的を射た金言であるかが理解できるわけだ。

氏の賛否両論評価や僕にとっての氏の印象について述べる事は避けたいが、これは何も5chや掲示板だけに限った話ではなく、インターネット全体にまで通用する話だと日々実感している。そもそも対人コミュニケーションのある場では大抵必要なスキルではないだろうか。

今も強い5chへの敬愛の念

最近は5chにはほとんど書き込んでいないし、読む時間もかなり減っている。しかし5chはそんな僕にとって今でも、いわば人生の恩師だ。僕にとっては人間や人生について、名著と呼ばれる本よりも多くの事を教えてくれた大切な場所なのである。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
統合失調症ブログ