人生詰んでるけど生きてます

東大卒で統合失調症という残念な著者が、種々雑多な物事を取り上げ、独自の観点から話題にするブログです。

FP技能士 2級(FP2級) 申込みました


先日のFP3級の合格を受けて…

皆様こんにちは。毎日暑いですね。さて今日から、9月9日に行われるFP技能士検定試験の申込みが始まったという事を受けて、あまりにさっそくですが出願作業を行い、完了させました。

FP2級試験の受検資格に「FP3級に受かっている事」と言うものがありますね。
これが、書類形式の出願願書にわざわざFP3級合格証書のコピーを貼り付けて送る…などと言う出願方式でなくて良かったです。なるほどFP3級合格証書などに書いてある、『合格番号』を使えばいいという訳なんですね。協会も考えているなぁと、妙なところで感心させられました。

実は電験二種の出願も既に済ませていました

ところで僕は、実は9月1日にある電験二種の出願も、だいぶ前にしていたりしたんです。
しかしながら電験二種は難易度そのものがひどく高く(特にまだ受験資格を得ていない二次試験)、おそらくその難しさと言ったら東大理一や理二に入るのにも遜色ないくらいだと踏んでいます。これはたぶん事実だと思います。

若い頃の僕ならともかく、病気と老化で衰えて来たこの僕の脳でどこまで太刀打ちできるのか…そう考えると、方向転換もやむを得ないかな、と思ったんですよね。
もちろん、FP2級が電験二種よりも将来的に役に立ちそうだから…などという事は露ほども考えてはいません。もはや設備系の職にも、立派な事務系の職にも就けない僕には、どちらの資格もいわば『自己研鑽』の領域を超えないものと化しています。
どちらも自己研鑽ならば、とっつき易そうな方から倒そうとするのは自然な流れなのではないか…と考え、今回のFP2級出願と成ったわけです。

じゃあ電験二種は完全に諦めたのか

そう言われると、実は必ずしもそうではないというややこしい(優柔不断とも言う 笑)自分がいたりします。
と言うのは、僕は電験二種の一次試験の四科目の内、『理論,機械,法規』の三科目に既に合格しています。そしてその科目合格の恩恵は来年の試験まで受けられるんです。

また、設備系への道に頓挫した今年のまさに今の僕にとって、電験と言う設備系の資格の勉強はまだまだヘビーだったりするんです。
従って、少し前のトラウマを癒す意味も込め、敢えて別の道に寄り道するのも悪くはないな…と言う事で、電験二種は来年に回してみる事にするのも構いはしないと思った次第です。

勉強のモチベーションも回復してきて…

退院後の薬が合っているようで、今日は通院先の主治医の先生と始終和やかに話ができました。
「勉強の意欲も少しずつ回復してきたので、自己研鑽ではありますが、少しずつ勉強にも励んでみたいと思います」
と言ったら先生も応援して下さいました。
何にせよ、どの道を行くにせよ一人じゃない、そう信じて一歩一歩進んでいきたいと思った次第です。

FP2級の為に早速買ってきたテキスト

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ
国家試験ブログ ランキング