人生詰んでるけど生きてます

東大卒で統合失調症という残念な著者が、種々雑多な物事を取り上げ、独自の観点から話題にするブログです。

FP3級,病気と設備管理などの雑感

皆様お久しぶりです。

この度、27日のFP技能士3級を受けるために、一旦院外外出という事で、3泊4日の外泊許可を頂きました。
実は僕は恥ずかしながら、ほぼ無勉強でFP技能士3級を受けて滑った経験があります。しかし今回は、病院で勉強許可を頂いていたこともあり、かなりバッチリとFP3級の学習が出来たのでは…と自負しています。

FP技能士3級は文系の危険物乙4!?

唐突ですが、僕はそのように考えています。あまり文系理系の線引きをするなという人もいます。気持ちはわかりますが、資格を突き詰めていくとそのような解釈に至る…僕はそう考えています。

で、主に法律で定められた数値や語句が問われる資格を文系資格と捉えているんですね。
一方で理系資格の僕の内部での基準は、自然現象による諸問題が試験問題の3〜4割程度以上、という解釈です。

資格を文系理系に分けられることの証左

これには僕自身の事例があります。例えば僕は甲種危険物もエネルギー管理士も、ほとんど勉強に苦痛を感じませんでした。
ところが、FP3となると話が別で、一般的にはエネルギー管理士や電験3種よりも易しいと言われているにもかかわらず、かなり僕個人的にはしんどい勉強でした。

慣れの問題もあるのかも?

しかし、FP3級も勉強したての頃と比べると、かなり苦痛が少なくなってきました。そのようなわけで、生涯学習をモットーとしている僕は、今後も貪欲に文理問わず国家試験を受けていきたいと考えています。

要するに、文系の勉強にもある程度の耐性がついてきたという事で、自分自身を褒めるべきだと思ったりしています。

電気系の理系資格と統合失調症との共存?

先述の通り、僕は平成28年度に電験3種を取得しました。自分を統合失調症だと認めたくなかったのです。

しかし、今回の入院において、明らかに自分が統合失調症であるという症状が現れてきたので、もはや生涯をかけてこの病気と二人三脚で歩いていくしかないんだと思っています。

設備管理業界では、うつ病などなら所謂障害者雇用か、一般枠のオープン雇用で雇ってもらえます。しかし、それはうつ病や軽い双極性障害に限った話です。
統合失調症患者は現状では設備管理ができないのです。これはちょっと考えるとだれでもハッキリ分かる事例だと思います。

しかし電気の勉強がとても楽しく思える僕も、同時にいるので、仮にもはや電気設備を扱うことができないという状況になっても、電験2種〜1種と続けていきたいな、とは漠然と思っています。

ひとまず今は27日のFP技能士3級試験を高得点で受かる事を目標にしたいと思っています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 資格ブログへ
資格ブログ ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
統合失調症ブログ ランキング